• 吉田園とは
  • 吉田園のお茶力
  • 吉田園の製造力
  • 吉田園の品質力
  • 吉田園の提案力

吉田園の品質力

お客様のニーズに応えた安全安定供給。安心して商品をご提供するための品質管理が私たちの使命です。

自園

吉田園のまさに要の部署。それが品質管理課です。
製茶業界にあっては、希少な自社内品質検査管理機関として高機能の機器と技能を保有しています。
厳しいチェック機能があるからこそ、安全で品質のいい商品が提供できる。 日々、常に意識を高めて、ひたすらお客様への安心と信頼のために努力しています。

安全性を最優先に考える。製品の厳しい安全基準と成分基準規格に沿った検査

お茶は自然とともに育まれた旬の農作物。そしてその茶葉はたくさんの工程を経て加工された自然加工食品です。
茶農家生産者の茶園で摘採された茶葉は、蒸し加工や乾燥、火入れといった製造工程を経て荒茶となりその後、商品となるために選別や合組み(ブレンド)、乾燥といった仕上げ工程を経て最終的なお茶となります。

品質管理課では、荒茶の段階や最終仕上げ茶の製品段階で食品衛生指針に沿った安全性、またお茶に含まれる成分がどの程度のものかの成分分析を自社基準、もしくはお客様からの規格基準に沿って検査することが主業務となります。

品質管理
成分検査

自然環境に順応しながら、オーダーメイドな品質基準を常にクリアできる品質管理課でありたい。

品質検査

食品としての安全性を最優先に検査をしながらも、お茶として仕上がったものが、ご依頼頂くお客様のニーズに沿った製品規格数値に適しているかを厳しく検査するのも品質管理課の重要な業務です。
お茶は毎年の天候等自然環境や生産状況に左右される農作物製品です。初年度に商品となった同基準で次年度に商品化するには、品質のブレをなくすための加工技能や原料の厳しい選別分析が必要となってきます。こうした課題をクリアし常にお客様のニーズに沿った規格商品であるために、品質管理課では品質保持と安定供給に努めて参ります。

品質管理課・業務内容(検査・測定等)

1 微生物検査
2 タンニン分析
3 茶成分分析
4 粒度分布分析
5 水分分析
6 カフェイン分析 等

ISO 9001、ISO 14001、ISO 22000※の取得

QC08J0133 / EC13J0015  FC13J0004 本社(営業3課、業務課、品質管理課)及び緑茶工場21
健康に密接に関わる食品を取り扱う企業として、吉田園では、安全で安心な商品の提供の重要性を何よりも追求しています。このISO取得が更に、自社内の商品評価基準を上げることになり、お客様への信頼と品質向上に邁進できると考えます。

※ISO 22000は本社(営業3課、業務課、品質管理課)及び緑茶工場21で取得

さらに多岐にわたる商品開発の分野でお茶の機能性を高めて行く。営業と製造工場と品質管理課の連携。

茶葉

品質管理の分野では機能成分の検査や分析を数値で出していくことで、新たなお茶の提案、ニーズの掘り起こし、開発が可能です。
吉田園の商品開発として、お客様への新提案として営業課、製造課、品質管理課の三部署が連携を取り、新たな取り組みを図っていくことができます。今後は更に、新たな分野、異業種との商品開発プロジェクトや品質機能開発プロジェクトといった、一歩先を見た提案を進め、八女茶産地にある製茶メーカーとして茶業界自体の牽引にも尽力できればと考えます。
その中心となるべく、品質管理課としても日々努力して参りたいと思います。

微生物検査

微生物検査

分光光度計(タンニン測定用)

分光光度計(タンニン測定用)

茶成分分析計(近赤外分析計)

茶成分分析計(近赤外分析計)

高速液体クロマトグラフ

高速液体クロマトグラフ

放射能分析

放射能分析計