• 吉田園とは
  • 吉田園のお茶力
  • 吉田園の製造力
  • 吉田園の品質力
  • 吉田園の提案力

吉田園の製造力

安全と安心を第一にライン化された工場は、西日本最大級の仕上能力と安定供給能力。

吉田園は八女茶発祥の地である九州福岡は八女市黒木町という由緒ある茶産地に位置し、日々お茶の生産に力を注いでおります。吉田園直営製茶工場は3か所。この茶産地においてこれだけの大規模工場は他には無く、その生産量は最大1日11トン。西日本最大級の生産規模を持ち、継続的に品質を管理維持した商品が提供できるということを、当社の一つの大きな誇りと使命としております。

本社工場
緑茶工場21
抹茶工場

安定した供給量とお客様のあらゆるご要望に応えるために先進的に準備を進めた製造体制。吉田園緑茶工場21。

外観

緑茶工場21は大型ロットにも対応可能な仕上工場。
大型のラインですが、構成は上級茶を仕上げる複雑な工程をそのままスケールアップしたラインであり、様々な火入機を設備していることにより、様々な香味のお茶の製造にあたっております。
また、火入やブレンドを行う工程を専門的に分けているため、各行程がひとつのことに注力できる仕組みとなっております。
ゆえに雑味の少ない美味しいお茶を大量に供給出来ます。

内観

お客様の必要とされる製造量に対して同品質のものをスピーディーに提供できるよう、日々努めております。
当社では、あらゆるニーズに応えた茶葉を大量生産できるよう、オーダーメイドの製造機械を独自開発し、システム化された中で、湿度・温度管理を徹底しながら仕上げて行きます。

安全と品質保持のためには人の五感とブレのない製造管理。この両輪があってこそ、いいお茶を作りだせる。

製造管理

より良いお茶をつくるための人の五感。香り、味を確かめること。
管理化されたオートメーションの中にも、時に茶屋として培ってきた職人の技を持って人の目でのチェックを入れる。
荒茶から仕上げ茶に製造している途中で、湿度や温度による製造過程の変化を鑑みた、製品検査を何度も実施します。
それが工場内の官能検査。そして、仕上げ加工(目標とする香味のための火入加工)を経た最終製品を、今度は営業が再度官能員として製品の合否鑑定をしていきます。

官能検査写真(工場内官能検査)・官能検査写真→工場写真→最終合否官能検査(営業内官能検査)

この試験に合格した茶葉だけをお客様の元へお届けします。
お茶は火入れが命。熟練の茶職人技が見るこうした厳しい火入れと官能検査の繰り返しをすることで、
製品のブレが少なくなり安定した品質で、お客様から求められた製品規格値に合わせていくことができるのです。
吉田園の自信のお茶がこうして仕上がります。

FC13J0004 本社(営業3課、業務課、品質管理課)及び緑茶工場21

緑茶工場21はISO 22000を取得しています。安全で安心の商品をご提供したい理由は食品会社としての使命だから。

2013年に緑茶工場21は厳しい基準と外部検査、内部整備を踏まえてISO 22000を取得することができました。
ISO 22000を取得したのには、現代社会だからこそ必要とされる食品の安全を守る食品会社の使命だと考えたからです。
取得後も継続的な監査を繰り返しながら、製造体制や安全基準の保持を守り続けて行くことは非常に時間と労力のかかることですが、この方針こそ、素晴らしい商品をお届けできる原点と考え、社員一丸となって取り組んでいます。

ISO 22000
ISO 22000

※ISO 22000は、『食品安全マネジメントシステム外部リンク-フードチェーンに関わる組織に対する要求事項(Food safety management systems - Requirements for any organization in the food chain)』の国際標準規格である。安全な食品を生産・流通・販売するために、HACCP外部リンクシステムの手法を、ISO 9001(品質マネジメントシステム外部リンク規格)を基礎としたマネジメントシステム外部リンクとして運用するために必要な要求事項を規定している。(ウィキペディア)

茶産地だからこそ極められる、伝統の緑茶。吉田園本社工場では高級茶から日常的なお茶まで多様なニーズにお応えします。

八女茶産地に製茶工場を持ち、お茶を知りつくした吉田園だからこそ、全国のお取引先様からのあらゆるニーズにお応えして参りました。
八女を代表する玉露、かぶせ茶、煎茶、有機栽培茶、ほうじ茶など、多種多様な緑茶。
伝統的な急須で入れるお茶から、手軽なティーバッグ製品のお茶まで。
商品にいたっては、包装や缶詰、パッケージ、シール貼りまでの一貫包装工程をするため、一般的な店舗に並ぶ商品として消費者の皆様にすぐにお届けできる形まで仕上げて、納品することができます。
伝統的なお茶づくりの熟練の技が様々なお茶を作り上げ、いろいろな商品へと仕上げていく一貫製造ラインがこの本社工場には設備されているのです。

本社工場
緑茶工場21
抹茶工場

九州として、八女茶産地として、稀な抹茶製造工場の大きな存在。

抹茶工場

吉田園は早くから、抹茶の製造に取り組んでおり、抹茶工場は1998年に建設。すでに永きにわたって八女抹茶製品を作り続けております。
御点前に使う高級抹茶だけではなく、お菓子などの食品、飲料、健康食品、化粧品等多岐にわたって活用されるメリットと言えます。

吉田園自社抹茶工場には、石臼50台、有機石臼5台があり、用途や生産量にあわせて、一度に大量加工できることも他社にはない特長と言えます。

生葉から抹茶までを一貫生産。

自園の茶園

福岡県内の委託農家で栽培している茶園を保有する事で自社抹茶の生葉生産から製造まで一貫できる、生産と研究を重ねております。
また、契約委託農園として保有する、熊本県菊池の有機栽培抹茶用茶園に関しては、製造量が限定される中で、お客様のニーズに合わせ、自社抹茶工場の有機専用石臼を使い、管理の行き届いた状態で有機抹茶の提供をしております。